高級食パン専門店 銀座「に志かわ」が都筑区の中川駅にオープン【2020年1月18日】

2020年1月18日、

横浜市都筑区の中川駅(横浜市営地下鉄ブルーライン)の駅すぐに

高級食パン専門店の銀座「に志かわ」がオープンしました!!

に志かわは有名で一度買ってみたかったのですが、

会社までいく通り道にあったとしても会社帰りに買う気になれず・・・。

家の近くにできたのでとりあえず行ってみました!!

スポンサーリンク

銀座「に志かわ」とは

まずはHPより引用ですが、店舗の由来。

代表取締役社長の名前が 髙橋仁志(たかはし ひとし)でございます。
この名前の 仁志 を にし と呼びまして
水にこだわっていますので、その水を意味する 「川」をひらがなで
つけさせていただきました。また「川」は世界に通じてますので、
全世界に日本の中心、銀座から「水にこだわる高級食パン」が
広がるようにの願いを込めています。

ふ〜ん、という感じですが、ちょっと似た名前のパン屋さんがあるので、どうなのかなとも思います・・・。

商品のラインナップとしては、

二斤で一本の食パン一種類のみ!!
金額は864円(税込)とまぁ、高級な食パンのお値段です。

一種類なので、迷いようがないですし、よほど自信がないとできないことですよね。

実際に行ってみた

オープンしたての土日だと混雑すると思ったので、週明けの平日にトライ!!

場所は横浜市営地下鉄ブルーラインの中川駅を出てすぐ左手。
元々はサンクス?か何かのコンビニがあったところ。

事前にGoogleで調べたところとはちょっと違いました。
より駅よりです。

駅から出て左、見た感じはこんな↓

行ったのは平日昼間の12時半。

行列かと思っていましたが、外には列はなし・・・。

恐る恐る近づいてみると店員さんが出てきたので、「予約してないけど買えますか?」と聞いてみたところ、

今ならすぐに買えますよ、と。

一人二本まで購入可能ですが、とりあえず一本だけ買うことにしました。

 

店内の写真撮影はできなかったのですが、

レジと、左右にパンを置く棚があるだけ。

店内はお客さんはいませんでした・・・。

まぁ、左右の棚には予約した方々のパンが置いてあったので注目度はあるのでしょうが、意外と拍子抜けでした。

 

まだ、出来たことが周りに伝わっていないのかもしれないですが、私はすんなり買えてよかった!!

最後に

家に帰って、すぐにお昼ご飯に食べてみました。

まずは焼かないで食べてと書いてあったので、焼かないものと、焼いたものを2種類。

焼かないとよりパンの甘みともっちりした食感が味わえます。

隠し味(もはや隠していない)にはちみつを使っているとのことなので、その甘みが強く出ていますね。

甘い感じのパンが好きでない方には合わないかもしれないですが、私は好きな味でした。

でも、やはり焼いて外はサクッとさせて美味しいバターを塗って食べる方が好みですね。

バターはパンに美味しい四ツ葉バターが美味しい。
普通にスーパーとかで300円弱くらいで売っています

最後の最後に、

に志かわのパンですが、一種類だけ・・・。

食パンなので、飽きが来にくいということもあるのかもしれないですが、チェーン展開もしており、ずっと一種類だけでやり続けるものなかなか難しい気もします。

特に今回の中川駅、人が集まる駅でもないですし、周辺に住んでいる方々だけでずっと買い続けられるのか心配。

せっかく出来たのだから、長く営業をしていて欲しいですね!!

スポンサーリンク


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です