ダイヤモンド瀬戸内マリンホテルに子連れ5人での宿泊レビュー

GW前の4月下旬ですが、妻の親・兄弟が集まるので岡山に遠征してきました!!

ちょうどいい気候でたけのこ掘りなどを楽しみましたが、妻の親兄弟や甥っ子・姪っ子が集まり総勢14名。

集まった家は昔からの家で広いのですが、流石に全員は泊まれずに我が家はホテルを予約して一泊することに。

そこで予約したホテルが、

「ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル」です。

岡山市街からは1時間弱で、岡山県玉野市のホテル。

子供3人、大人2人の5人で宿泊した感想、よかった点、いまいちだった点など参考になればと思います。

ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル

ダイヤモンド瀬戸内マリンホテルは、岡山市の市街地からは車で一時間弱、瀬戸内海に面した場所にあります。

住所:岡山県玉野市渋川2-12-1

”岡山県玉野市渋川2-12-1”

海水浴場のすぐ隣ということもあり、海で遊ぶには最高のロケーションです。

今回おとづれたのは4月の下旬のGW前だったので、まだまだ海に入るには早かったのですが、砂浜で遊んだりとても気持ちよく滞在できました。

ホテル内の様子(ロビー)

ホテルはロビーを入ると正面にレストラン(朝食ブッフェ会場)で、右にフロント。
左には客室に行くエレベーターです。

また、入ってすぐ右にはお土産コーナーもありますが、営業時間は朝8時から夜は21時までです。
コンビニ的なものではなく、あくまでもお土産です。

お部屋

今回宿泊した部屋は和室のマウンテンビュー。

この海に面したホテルでのマウンテンビュー(駐車場ビュー)ですので、料金はお安め。
一泊でしたし、海は外に出ればすぐなので問題なし。

部屋はごくスタンダードな和室。

やや設備は古いですが、清潔感はあります。
洗面台には子供用に台座があったり、小さいところでの気配りもあります。

トイレに灰皿があるのもなかなか時代を感じます^^

お風呂

お風呂は私の部屋には設置はなく、地下一階の大浴場に行くことになります。

お風呂内の撮影はできないので、入り口のみです。

内部は内湯と小さめですが露天風呂、そして夜の部だけサウナが利用可能です。

また、脱衣所の隣にはお風呂上がりでくつろげるスペースがあります。
ソファーとテレビ、漫画も少々置いてありました。

ここでちょっと気になったのが、お風呂の脱衣所がやや臭う感じでした。
気にしなければ良いのですが、ちょっとドブっぽい臭い?

でも、温泉は気持ちよく利用できました。

男性用の脱衣所にもオムツ替えコーナーがあったり、バンボが置いてあったり子連れにとても配慮しているホテルです。

朝食

朝食は和洋食のブッフェです。

朝の7時〜10時までですが、朝8時から9時は混むのでその時間を避けてと言われました。

しかし、7時20分ごろに行ったらすでに混雑、子連れが多いからか朝が早いようです。

ブッフェ会場は埋まっていたので、隣の鉄板焼きのお店の席に案内されました。
座れれば全く問題ないです。

メニューはまずはサラダやフルーツコーナー。
フルーツはオレンジのカットには小さな切れ目が入っていたり、小さな気配りがあります。

パンコーナーと洋食コーナー

和食コーナー


そしてご飯とうどんコーナー

そして、美味しかったのが、焼き魚をさらに炙るコーナー

ちょっと魚を炙ることで皮がパリッとなって美味しかったです。

小さい子供づれへの配慮として、子供用エプロンや食器、子供用の椅子はふんだんにありました。

ちょっと残念だったのは、味噌汁はこんな感じ。

あまり期待はしていなかったのですが、全体的にクオリティは高く、特に和食が美味しかったです。

ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル

家族5人が泊まれるところがなかなかなく、あまり期待しないで泊まったホテルでしたが、良い意味で期待を裏切られました!!

家族5人(1人は添い寝)で朝食付き2万5千円となかなかリーズナブルで、ロケーションも最高です。

朝食後には砂浜に出て子供達は楽しげに遊んでいました。

4月で暖かい時期とはいえまだ海水浴には早いので海は入れず。

でも、夏の海水浴シーズンにはとても使い勝手の良いホテルでしょう。

ホテル全体としては、子連れへの気配りもありますし、加湿器や空気清浄機が使えたりと全体的に気配りが聞いているホテルでした。

子供達も大変気に入ったようですし、岡山に行ったらまた是非泊まりたいホテルです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です