センター北駅近くアスレチックのある中川なでしこ公園【都筑区・公園】

都筑区の公園の紹介。

都筑区センター北からは徒歩10分ほど。
割と大型の遊具がある「中川なでしこ公園」。

大型の遊具とブランコ、砂場と小学生以下の子供が多く遊ぶ公園。

小型の広場もあり、自転車の練習をするのも良いかも。

【こんな方に】
・センター北駅近くでアスレチックがある公園をお探しの方

スポンサーリンク

中川なでしこ公園

横浜市営地下鉄のセンター北駅からは徒歩10分程度、住宅街の中にある公園。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川7-4

”神奈川県横浜市都筑区中川7-4”

遊具

大型遊具

アスレチック的な要素がある大型の遊具が一つ。
公園は平ではなく高低差のある作りで、ちょうど坂になっているところに設置されています。

下から見るとこんな感じで、左には出っ張りをよじ登っていくもの。
右にはネットを上り下り。
そして真ん中に滑り台です。

滑り台はやや急なので3歳くらいまでのお子さんだと、1人で滑るのはちょっと危ないかも。

そして登って上から見るとこんな感じ。
少し揺れる吊り橋のようなものがあります。

またこちらの遊具は木のようで木ではないので、雨の後などは滑りやすいのでご注意。

遊具の脇には大きな石。
小さいところですが、石から石に飛び移って遊ぶことも。

ブランコ&砂場

公園の上の団にはブランコが2席分と砂場、砂場の脇にベンチが二つあります。

広場

公園の下の段はちょっとした広場になっており、サッカーや自転車に乗る練習くらいはできるスペースがあります。

ただし、野球は禁止。
あとは夜間のボール遊びはダメです。

注意書きはごく常識的な内容です。

その他

そのほかには水飲み場と時計はあります。

時計があるので遊ぶのを切り上げるために、「何時まで遊んだら帰るよ」と伝えることができますね。

ちなみにそこまで大きな公園ではないので、トイレはありません!!

トイレに行こうとするのであれば駅まで戻るか、これまた10分程度はかかる一番近いショッピングセンターのminamo(ミナモ)にいく必要があります。

遊びにいくのであればトイレは済ませておきましょう。

まとめ

住宅街の中にある公園ですので、割と子供が多く遊んでいます。
ボール遊びをしに小学生がいることが多いのと、あとは遊具が割と面白いので幼稚園児以下の子供が親と一緒にきていることが多いです。
遊具も大型で登ったり降りたり、アスレチック感があるので子供も楽しく過ごせます。
遊具の対象年齢は以下の通りですが、小さいお子さんは転げ落ちる危険はあるので必ず目は離さないようにね。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です