小田原周辺のおすすめ遊び場【小田原城こども遊園地】

足柄でのみかん狩りは11時ごろには終わってしまったのですが、ホテルのチェックインは15時。

小田原周辺でちょっと時間を稼ぐのにおすすめなスポットをご紹介。
それは、小田原城の園内にある「こども遊園地」です。

何がいいって、これからご紹介しますが、コスパが最強です^^

スポンサーリンク

小田原城こども遊園地の基本情報

小田原城こども遊園地へのアクセス

住所は「神奈川県小田原市城内6−1」ですが、これだと小田原城そのものになってしまいます。

”神奈川県小田原市城内6−1”

城内地図から見ると天守閣の後ろという感じでしょうか。

正面入口と南口からだと本丸まで上がってからお城の横を降りていくか、常盤木門にいく前に郷土文化館や市立図書館の横を通って向かうことができます。
また、旭丘高校の方から向かう場合には本丸にいく前に左右の分岐がありますので、そこを右に行きます。


今回私は旭丘高校方面から入ったので分岐点はこんな感じです。

小田原城に行く際のオススメの駐車場

今回は車できましたが、オススメの駐車場はこちら。

中島駐車場で、場所は↓こちら

何がオススメからというと、安い!!

30分100円ですし、最大でも900円です。
お城からの近さも申し分ないです。
今回はこちらに止めて、旭丘高校を回って向かいました。

スポンサーリンク

小田原城こども遊園地の遊具

さて、こちらに何があるかというと、

豆自動車

まずは「豆自動車」。

ゴーカートと言いたいところですが、「豆自動車」

だってそのように書いてあるので・・・。

対象年齢は2歳〜9歳まで。
乗れる車は4台で、足でペダルを踏んで進むタイプ(F1)と何もしなくても進むタイプ(バイク)があります。

料金はなんと!!
80円!!!
近くにある券売機

でチケットを買っておじさんに渡すとコインをくれます。
そのコインを入れると出発です。

コースは単純な一周のコースですが、90秒間乗れるのでうまく行くと二周行くか行かないか。

終わるとその場で終了して出て行きます。

ちなみに周りの黄色い線の外であればどこで写真をとってもOKです。

コイン式電動遊具

なんて表現してしていいのか分からないですが、以下の写真のようなものがたくさんあります。

そして、こちらが一番の驚きでした。

だって、

1回30円ですよ!!

どれに乗っても30円です^^

普段は100円で乗るような乗り物も30円だといくらでも乗っていいよ〜となってしまいました。
3回乗ったら同じような金額になるのですけどね。

今までアカチャンホンポの前にあって座るだけだった白バイも30円^^

こども達「乗りたい!!」
親「いいよ」
の即答に驚いていました。普段はケチケチしてますからねぇ。

豆汽車

そして最後はこの遊園地を一周する豆汽車(動力は電気かな)です。

料金は大人もこどもも1人80円。
豆自動車と同じチケットで乗ります。

行ったのは土曜なので運行していましたが、平日に行くと動いていないかもしれないので注意です。

こちらの豆汽車ですが、園内を一周するのには3〜4分位です。
80円なので1周でも文句はないですが、2周してくれます。

小田原城こども遊園地のまとめ

狭い園なので何時間もというわけにはいかないですが、小田原での隙間の時間を潰したり、お城に行ったけど少し遊ばせたいと思ったらすごくいい場所です。
無料の遊具であればそれに越したことはないですが、普段は絶対に載せないコイン式の乗り物になんども乗れるというのは子供にとってはなんだか贅沢な体験です。※我が子談

なかなか古い遊具ではあるものの、価格設定が見たこともないような破格な設定なので、親もちょっと嬉しくなってしまいます。

近くに行って子連れで時間を潰す必要があったら是非行ってみてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です