三兄弟の真ん中は意識して世話をする

兄弟3人は平等に扱っているつもりの父です。

しかし、3人もいると結果的にそうも行かない状況になっています。

三兄弟は平等に扱っているつもり

各家庭で兄弟の性格や組み合わせで違うかと思いますが、
まずは我が家の3人の性格は↓な感じです。

長男:気ままだけど、かまってちゃん
次男:基本的にはお利口で手がかからない
三男:末っ子らしく、甘えん坊

長男については気ままな性格なのですが、まず長男が遭遇することは親にとっても初体験なことばかり。
するとどうしても長男が接することについては手をかけることになってしまいます。
初めての事なので時間もかかるし、考えることも多い。
加えて長男はおしゃべりで声も大きいし、かまってちゃん。親と会話をするにもどうしても会話が多くなってしまいます。

そして、三男は一番小さいのでまずもって可愛いし、甘えん坊なのでどうしても甘やかしがちになってしまいます。
三男もかまってちゃんなのでどうしても手をかける時間が多くなってしまいます。

そして、問題なのは次男。
問題と言いつつ問題がないのです。小さい時から手がかからないし、聞き分けもいい。
おまけにできない自分が嫌なので言わなくても割としっかりとしているのです。
そのため、長男・次男に手がかかるとどうしても次男が放置気味になってします。

今まではそれでもよかったのですが、ちょっと無理をしているのか、影で三男を攻撃したり初めてし始めました・・・。
いい子だけにちょっと無理をしていたのかもしれないです。

次男を意識的に優遇

みんな平等とは言いつつも完全に同じというのはどうしても難しいものです。
3人とも自分をみてみてと求めてきますが、自然体でも長男と三男のことはみているのでしょう。
でも、次男については意識をしないと目が届かないということがわかってきました。

妻とも話をして、たまには次男だけと話をする機会を作った方がいいのかな、と。

ということで、今日は次男の友達と妻と次男で遊びに行っています。
いつもは次男の友達と遊ぶときにも兄弟は連れて行くのですけど、ちょっとした特別扱いです。

三兄弟の優劣はつけられないけど、みんなを平等にそれぞれだけをみる機会というのは必要です。
でも、意識しないとできないので、なかなか難しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です