子供を保育園に預けるのはかわいそうなのか?

私の家は子供3人(男ばかり)ですが、共働きの為に3人とも保育園です。
長男、三男は1歳半から、次男は1歳からお世話になりました。

私の母は専業主婦であったため、当初長男を保育園に預けて夫婦で働きに出ることについてはちょっと異論があるようでした。1歳半という年齢で母親と離れて生活するということに少々かわいそうという思いを持っていたようです。そして、それは妻の方が敏感に感じており、責められているように感じていました。

昔あった(今でも)、三歳児神話によって、子供は3歳までは母親が面倒を見るべきと考える先輩方が多いでしょう。
しかし、子供を保育園に預けてよかったと考えています。もちろん預けることでのデメリットはありますが、メリットの方があると思っています。

スポンサーリンク

保育園でのメリットは何?

バランスの良い食事を取れる

一番にこれが来るのはどうなのだろう・・・とも思いますが、これかなり重要です。
長男は今ではある程度はなんでも食べますが、小さい頃は好きものしか食べない時期がありました。家ではひたすらメロンパンだけとか、冷凍食品の陳建一のしゅうまいだけとか・・・。
かなり偏った食生活をしていました。

何を作っても好きなものしか食べないのに、保育園だとお友達と一緒だからかある程度は出されたものを食べていました。※保育参観の時に確認!!

保育園なので、当然ながら栄養のバランスを考えた食事を作ってくれます。一日中家にいるとメロンパンだけだったりするものが保育園に行くことで多少なりとも栄養バランスの良い食事を取ってくれる。
手抜き!!って思う方もいらっしゃるかもしれないですが、本当に食べてくれない子だったので外で食べてくれるということでも気分が少し軽くなるものです。

お友達と遊ぶことができる

家にずっといると親としか接することがありません。もちろん、地域の子育て支援センターに行ったり、市区町村が主催する交流イベントに行くことでお友達と接することもできます。

でも、毎日毎日そんなところに行くにしても親の負担も結構なものです。
子育て支援センターのようなところが近くにあればいいですが、そんなものが近くになければ近くの公園で遊ばせる。でも、公園でもお母さん達の交流があったりちょっと面倒だったりもしますよね。また、他に友達が公園にいなかったら、適当に遊ばせて、親はスマホをいじっているという光景もまま見ます。※ちなみにスマホをいじっているのは父親の方が多いですね。

そんな友達との交流についても同じ世代の子でクラスを作るので自ずと仲良くなりますし、何よりも小さい頃から社会性が身につきます。

色々な遊びをしてもらえる

当然ですが、親は子育ての初心者なので(特に1人目)、子供との遊び方がわからない。でも、保育園に行くことでリトミックだったり体操だったり様々なプログラムで遊ばせてくれます。もちろん外に出ての散歩や公園で遊ぶことも。

平日の昼間に公園に行くと親はスマホを見てつまらなさそうに遊ばせている光景を見たりすることもあります。親もいつも全力で遊んであげられればいいですが、毎日毎日同じことをしていると嫌になってしまうこともあると思います。しかし、そこは保育園に行くことで楽しく遊んでくれます。

トイレトレーニングをしてくれる

これはちょっと批判も受けそうですが、トイレトレーニングを無理やり家で行わなくても保育園でもトレーニングが可能です。長男の時には保育園でもやっていましたが、家で一生懸命にトイレトレーニングをしていました。しかし、なかなかうまくいかないし、漏らすことで親はイライラして、子供を怒鳴ってしまうことも多々ありました。育児書にあるトイレトレーニングの目安年齢にとらわれ過ぎていたんです。

しかし、次男、三男については家でもトイレは意識しますが、それほど一生懸命にはトレーニングは行いませんでした。なんでかというと保育園でトレーニングをしてくれる時には同年代のお友達と一緒にトイレにいったりしてくれるので、家でするよりもトイレについての意識を強く持ってくれることに気が付いたので。
もちろん家でも声がけはしますが、無理はしないようにしました。そうするとちょっと時間はかかったりしますが、わりとスムーズにオムツは取れました。

これは小さい時に集団生活をすることでのメリットだと思います。

子供と離れる時間が持てる

自分の子供が大好きでずっと一緒にいたい方には意味がないと思いますが、やはり子供と離れるという時間も必要だと思います。

保育園に預けるということは仕事に出るということです。仕事なので楽なことではないですが、やはり話の通じにくい子供とばかりよりも大人の社会で話をするということは親の気分が変わるという面ではかなり有効なことだと思います。

スポンサーリンク

保育園でのデメリットは何?

すぐに風邪をひく

小さい頃から菌がたくさんの場所に行くのでよく風邪をひきます。個人差はすごくあると思いますが、やはり男子の方が弱い印象があります。
我が家は1歳〜1歳半で保育園デビューですが、3歳くらいまでは頻繁に風邪を引いていました。当然ながら共働きなので夫婦で休みを調整したり、親にも協力をえながらなんとか耐え忍んでいる面は否めません。
3歳を過ぎた頃にはほとんど風邪は引かなくなってきました。

ちなみに、「最近は風邪を引かないよね」とか「元気だよね」は死亡フラグで言った、もしくは言われた途端に風邪を引くということが多々ありましたw

子供の初めてを見逃す可能性

これはすごく小さいうちに預けた場合ですが、色々な初めてを見逃してしまう可能性も・・・。
例えば、「初めての寝返り」「初めてのハイハイ」「初めてのあんよ」などなど。
やはり初めては見たいと思うところ。

でも、残念ながら見逃してしまい保育園のノートで知るということもあるかもしれません。
なるべくこれを減らすべく1歳以上まで保育園には入れないようにしていましたが、待機児童を考えると調整もなかなか難しいところ。

 

まとめ

平成に入った頃には専業主婦世帯が多かったものが平成4年ごろから均衡して、平成10年頃には逆転をしています。

内閣府:共働き等世帯数の推移より

今や共働き世帯の方が多い世の中ですが、過去に専業主婦が多かった時代の方々が多くいらっしゃるので、保育園に小さいうちに預けることに拒否感を持っている方も多くいらっしゃいます。冒頭にも書いた私の母親も「かわいそうに」という言葉と言っていたことも。今や孫5人が全員保育園に言っているのでそれが普通に思ってきているようですが。

また、共働きであるがゆえに子供のことをよく見ていないとか愛情を注いでいないという意見もあり、母親が見るのが一番という方もまだ多くいらっしゃると思います。ちなみに母親が見るのが一番というのは子育てをしていない男性に多い意見だと思います。確かに四六時中一緒にいることはできないですが、保育園に預けても帰ってきた後に愛情を注ぐことはできるし、休みの日にもたくさん接することはできます。

そして妻がたまに小学校のママ友と話をしているときに言われること。「問題がある子」がいると「共働きらしいよ」との話をしていて少々嫌な思いをしています。でも、専業主婦世帯と共働き世帯を比べると今や共働き世帯は1.5倍。共働きとの因果漢検はよくわからないですね。

グダグダととりとめもないことを書いてしまいましたが、小さいうちから保育園に行くことはメリットがたくさんあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です