男の子は何度言っても言うことを聞かないその理由

「何度言ったらわかるの!!」

「何度言わせるの!!」

我が家でも街中でもよく聞く言葉です。ちなみに、街で言われているのはほぼ男の子です。我が家は全員男子です。男しかいませんから・・・。
男の子のしつけについて何度も何度も言っているのに、一向に言う事を聞いてくれない。何度注意しても改善の兆しが見えない。何度も言うのに言う通りにならなくて、本当にイライラしますよね。

一方で女の子は言う事を聞くと言う話はよく聞きます。もちろん我が家は男子3兄弟なのでわかりませんけど(笑)
そんな男の子が何を考えているのか、どう言ったら心に響くのか、男の子の気持ちを解説したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ何度も言わなくてもいけないのか

そもそも聞いていない

根本的なところですが、男の子は親の言う事がほとんど頭に残っていません。言った事は基本的に右から左へと流れて行ってしまっています。
先日、次男と三男を保育園に送り届ける際の出来事ですが、次男が玄関前に保育園に持っていく水筒を置いていました。

私「水筒忘れないようにね」

次男「分かった!」

保育園に行ったところで次男から、

次男「水筒忘れた」

私「・・・さっき言ったでしょ(怒)」

こんなやりとりです。全く聞いていません。
取りに帰るとそのまま置いてありました(怒)

何も考えていない

そもそも男の子が行動する際に何を考えているのか・・・

答えは、「何も考えていない」です。

アホなのか!?アホなんです。基本的に男の子は衝動で生きている生き物だと考えてください。こんな事を言われてもお母さんには全く理解できないと思います。でも、何も考えておらず、勝手に体が動いてしまうのです。壁があったらよじ登る、よじ登ったら飛び降りる。理由なんて何もありません。そこに壁があるからです。

だから何かをして、「なんでこんな事したの!!」と問いただしても黙ってませんか?
だってそもそも何をしたのかもよく覚えていないから、なんでかなんて分からない。自分がすることに理由なんて考えて行動していないから、なんでかなんて分からない。出てきた答えは「そうしたいからした」。
そんなことはわかっているのに、こちらもイライラしているから激怒ですよね。怒りすぎて何を言っているのか自分でも分からない状況になったりします。

そして考えてる、うちの子バカなのかな・・・。冷静に考えればうちの子だけではないです、基本的に男の子はみんなバカです(笑)

どうしたら言う事を聞いてくれるのか

聞いていないし、何も考えていない男の子に何を言ったらいいのか。そして何度言ったらわかってくれるのか。相手の行動はなかなか変えられません。まずは接するときの意識を変えてください。

1回でわかると思ってはいけない

上で書いたように言ったことはほとんで聞いていません。一応、耳には入っているのですが、他のことに頭がいっているとまず言ったことは残っていません。
冒頭で書いた「何度言ったらわかるの!!」については、ぶっちゃけて言えば100回位に思っていた方がいいです。

そんなに・・・と思うかもしれないですが、そんなにです。事によっては数回で響く事があるかもしれないし、99回目でわかるかもしない。とにかく何度も言っているうちに、多少なりとも蓄積はして行くので、言い続けて行く事が重要です。

叱る時にはその場で

衝動で生きている男子です。頭の中はよく言えは回転が早く様々な事に興味が移っていっています。また、そんな男の子は今・現在にしか生きていないので、過去の事については「そんな昔の事は忘れ」状態です。だから、少し前の事を注意しても、「何のこと?」となってしまいます。

なので、なのか悪い事をした時にはその時に叱りましょう。今を生きている男の子に、「前にも言ったでしょ!!」とか「いつもそう」とか過去の事を持ち出しても効果はありません。あくまでも今のその事に集中して伝えましょう。

そうは言っても、親も人間です。何度も何度も何度も同じ事を言っても聞かないとやはりイライラして、ついつい感情的になってあれもこれもと過去のことをぶちまけたくなってしまいますけどね。そんな時には感情を無理して押さえつけてもイライラいが募るだけです。言ってしまっても仕方ないけど、それは子供の為というより自分がスッキリする為と考えた方がいいです。
これについては賛否両論あると思いますが、だって親も疲れているとイライラはしますからね。

叱るよりも褒める

これは予防です。例えば、普段から靴を揃えない事を叱っていたとして、たまに靴を揃えたりしたら、「できたねぇ」とさりげなく褒めてみてください。あまり大げさにすると褒めてもらうためだけに動いたりしてしまうののと褒めて動くハードルが上がって言ってしまうので、さりげなくできた事に気付いているよ!とこちらがアピールする感じです。

ただ、一回できても次にできるとは限らないので過度な期待は禁物です。

スポンサーリンク

まとめ

何度も何度も同じ事を言わされて、本当にイライラしますよね。時間に余裕があったり、体力的に余裕がある時にはそんなに感情的にならないで注意もできたりするのに。でも、そんなに余裕を持って子育てをできればいいですけど、子育てをしている中ではなかなか難しいです。

であらば、そもそも男ってやつはいう事を聞かない生物(父も含め)なのです。その前提に立って、求めるものの水準を一度下げてみる方が精神的には楽になります。危険が伴ったり、他の子に危害を加えるような事は絶対に避けないといけないですが、先に言った靴を揃える、片付けをするなどについてはちょっとハードルを下げると気が楽になります。嫌でしょうけど、その上で継続して注意をし続けて行くしかないです。

何も考えていない男子にはやはりイライラしていますが、本当に何も考えていないんだと思って少し気持ちを楽にしてください。それでもやっぱりイライラはしてしまいますけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です