男子喜ぶ、ちょっと変わった沼津港深海水族館

沼津港にある、沼津港深海水族館にきてみました。

”静岡県沼津市千本港町83”
こちら、ただの水族館ではなく、
深海魚が生きているままにみれる水族館。

そして、副題に「シーラカンス・ミュージアム」
そう、シーラカンスの展示があります。

場所は沼津港の入り口の千本港町の信号を超えてすぐの、港八十三番地。
車でいくと一番近い駐車場は港八十三番地駐車場です。
※混雑しているので止められなければ沼津港奥の「ぬまづみなと駐車場」であれば駐車可能台数も多いので止められると思います。

ただし、注意が必要なのは、この港八十三番地駐車場は水族館の駐車場ではないので割引などはありません。しかし、この区画(上の画像)にある飲食店で食事をすれば割引は得られます。
また、水族館入場の半券を持っていれば上記の飲食店で10%オフの特典が得られますので食事がまだであれば水族館に行ってからの方がお得です。

スポンサーリンク

外見


沼津港は海鮮食材の店が多いため、基本的には人でいっぱいです。
その中で水族館は手前の方にひっそりと小さくありました。
本当に「これ?」と言う感じで外見は地味。

料金

大人 (高校生以上) こども(小・中学生) 幼児 (4歳以上)
¥1,600 ¥800 ¥400

我が家は大人二人(3,200円)、小学生一人(800円)、六歳児(400円)と三歳児(無料)の5人の為、合計で4,400円となりました。結構なお値段ですね・・・
ちなみに支払い方法は現金のみ。
電子マネーもクレジットカードも使えません。

また、割引券についてもおおっぴらにはなく、噂によると静岡の新聞広告にたまに入っているとか、いないとか・・・。

混雑状況

行ったのは土曜日の12時頃だったのですが、お昼時だったからか入場で並ぶような事はなかったです。が、中が広くないので自由にみて回れる感じではなく、列になって水槽をみてわるように混雑している感じです。

館内の様子

中はさほど広くなく、深海なので暗め(水族館は暗いものか?)
深海の生物を生きたまま展示しています。


あとは、水族館名前にもある「シーラカンス」!!

これを見にきたと行っても過言ではない、本物のシーラカンスの冷凍保存。

写真下手くそですみません。よく見ると中にシーラカンスがいます・・・

そのほかにはシーラカンスの発見秘話とかは長男は興味深く見ていました。

もっと写真を撮りたかったのですが、暴れん坊の3人が動き回るのでゆっくり見れませんでした・・・。

最後に出口には沼津港深海水族館のおみやげ物屋。

お支払いは現金のみです!!

スポンサーリンク

感想

我が家は親も子もこのような生物系の展示が好きなので面白かったです。ただ、結構値が結構張るわりにはあまり広い水族館ではないし、物足りないと感じる人もいるかなという感じです。ただ、値段については深海の生物を生きたまま飼育することや、冷凍シーラカンスの保存にはコストがかかりそうなので、仕方ない金額なのですかね。

 

おまけ

そして、水族館とは関係ないですが、お昼は水族館近くの沼津バーガー

メニューは↓こんな感じ

ハンバーガーが400円とちょっとお高め。でも、魚のフライ系のバーガーはフライが揚げたてでソースも美味しく、意外と満足できました。セットは高かったので頼みませんでしたが、セットがもう少しお得感があればより良いのですけどね。
※フライは少し写真より薄っぺらかったですけど・・・

沼津バーガーは沼津港深海魚水族館のチケットの半券で10%割引になります。
こちらもクレジットカードをはじめ現金以外は一切使えませんのでお気をつけて。

 

※アイキャッチ画像はHPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です